弁当

腎臓病に不可欠の食事療法

腎臓病は老廃物の排出など人体にとって重要な機能を持つ腎臓が弱ってしまう病気で、治療のためには栄養のバランスに配慮した腎臓病食による食事療法が欠かせません。宅配サービスを利用すれば調理の手間が省けるだけでなく、献立に変化をつけることができます。

和食

負担を減らして

国民病に一つと言われている糖尿病ですが、正しい食事と運動をすることで改善できる病気です。糖尿病食を作ることは、カロリー計算をしたり野菜中心の献立を考えなくてはならないので大変です。そんな時には専門の糖尿病食を宅配してくれるサービスを利用して、楽しい食生活を送ることをお勧めします。

食事

老化現象の一つです

老化現象の一つに筋肉の衰えがあって、この現象は体の至るところで起きてしまいます。例えば食事する時に大事な咀嚼するための筋肉が衰えてしまうと、上手く嚥下できなくなり誤嚥してしまうのです。誤嚥は咳き込んで苦しくなるだけでなく、時には肺炎を引き起こすこともあります。

和食

家庭で作るのが難しい病食

腎臓病食は、カロリーからタンパク質量・塩分などが厳しく定められているため、家庭で作るのは大変です。しかし、特定のメーカーが提供しているお弁当の宅配サービスならば、きちんと計算されつつ美味しい食事を届けてくれます。

弁当

続けられてバランスがいい

糖尿病になると糖尿病食が必要ですが、自分で作るのは大変です。宅配サービスなら、栄養の管理がされているので安心です。相場としては一食数百円程度なので続けやすくなっています。味が薄いなどはなく、おいしく食べられます。

病気の人の食事

夫婦

むせにくい食事の工夫

食事は、生きていく為に必要な栄養を摂るために、必要なものです。加齢や病気により、食べ物を噛む咀嚼機能や、食べ物を飲み込む嚥下機能が落ちると、むせこみ、嚥下性肺炎を起こしたり、窒息したりする危険性もあるので注意が必要です。嚥下性肺炎の予防には、口腔内を清潔に保つことも大事です。口腔内の細菌により、肺炎のリスクも上がると言われています。食べ物を良く噛んで、ゆっくりと食べること、むせこみをしない食事の工夫も大事になってきます。食べ物は、個人の咀嚼、嚥下機能に合わせて、細かく刻んだり、ミキサーにかけて、ペースト状にするなどするといいです。お茶や水などの水分も、そのままだと、むせこみやすく、市販のトロミ調整食品などを使用して、トロミをつけることがでむせにくく飲み込みやすい状態にできます。パンや、クッキーなど、乾燥して水分の無い食べ物は、むせやすいので水分と一緒に少しずつ食べたり、水分に浸したりするといいです。他にも、酢の物など酸味のある食べ物は、むせやすいので注意が必要です。わかめやのりなど海藻類も口の中のにくっついたりと残りやすく、むせこみの原因になります。また、こんにゃくや、刺身などツルッとしたものピーナッツなどの豆類は、噛まずに飲み込んでしまい窒息の危険性もあるので注意が必要です。食事は、誰しもが必要であり、楽しみなものです。形状を工夫することで、全てではなくとも、家族と同じものが食べられるようになります。安心して安全に食事が食べられるように、工夫することが大切です。

Copyright© 2018 嚥下性肺炎になる前に予防しよう【食事の工夫も大事】 All Rights Reserved.