腎臓病に不可欠の食事療法

弁当

手間をかけずに用意できる

内臓疾患の中には、治療のために食事制限が必要なものがあります。腎臓病もその1つです。腎臓病にはさらに細かく分けると腎盂炎や腎臓結石、慢性腎不全などさまざまな種類がありますが、いずれも腎臓の機能低下を招くという点で共通しています。腎臓は体内に摂取された栄養が代謝・分解される際に生じる老廃物の排出を促したり、電解質のバランスを保ったりといった、健康を維持するのに重要な役目を担っています。これらの機能が弱まると、その影響が全身に及ぶことがあります。腎臓病を改善するには医療機関での専門的な治療に加え、腎臓病食と呼ばれる献立を使った日常的な食事療法が非常に重要です。腎臓病食は自宅でも作れますが、最近では便利な宅配サービスが人気を呼んでいます。腎臓病食でポイントとなるのは、タンパク質を制限することです。タンパク質の分解時に発生するクレアチニン等の老廃物は、腎臓からしか排出できません。また、電解質であるナトリウムすなわち食塩の量を制限することも大事です。さらに症状によっては、カリウムや水分の制限が必要になることもあります。腎臓病食を使った食事療法は、往々にして長期間にわたります。そのため、時には毎日の献立が単調になってしまうこともあります。そうした場合に宅配サービスを利用すれば、手間をかけずに日替わりでメニューを用意することができます。また、宅配の腎臓病食はきちんとカロリー計算がなされていることも人気の理由となっています。タンパク質をむやみに制限するとエネルギー不足におちいってしまうおそれがありますが、宅配事業者においては最低限必要なカロリーを確保しつつ適度な制限が行えるよう食材を調整しているので、安心して利用できます。

Copyright© 2018 嚥下性肺炎になる前に予防しよう【食事の工夫も大事】 All Rights Reserved.