家庭で作るのが難しい病食

和食

メーカーにお任せ

腎臓病食には低タンパクで高エネルギー、さらに塩分とカリウムの制限という厳しく決められていることが多いです。それを守らなければ、腎臓に負担をかけてしまい症状を悪化させかねません。もしも、家庭で腎臓病食を作ろうと思うと膨大な計算や様々な料理過程を経なくてはならず、とても大変です。そして、作るのが大変であるため料理のバリエーションが少なくなってしまい食べる人にもやはりストレスを抱えてしまいます。そのため、腎臓病食は家庭で作るよりもメーカーが提供している食事の宅配サービスを利用するのがとても便利です。その宅配サービスでは、管理栄養士の指導のもとでカロリー・タンパク質量はもちろん、塩分やカリウムの計算もされたレシピで作られます。厳しい制限があるため、家庭で作ると味が素っ気なくなりがちですが、その辺も上手に考えられて作られているのです。多くの腎臓病食用の宅配サービスは、お弁当スタイルとなっており、宅配されたものをそのまま電子レンジで温めて食べることができます。そのため、作る人への負担がほとんどないのもメリットだと言えるでしょう。また、腎臓病と言っても制限されているものが人によって異なるケースが少なくありません。タンパク質と塩分を控えるだけでカリウムやカロリーの制限する必要のない人もいるのです。そのような人に合わせたメニューを用意しているメーカーもあります。そちらは、全て制限されている人のメニューよりもよりバラエティーが豊かになっていてオススメです。

Copyright© 2018 嚥下性肺炎になる前に予防しよう【食事の工夫も大事】 All Rights Reserved.